貯金よりも投資に関心を持った方がおすすめな理由

ライフハック
スポンサーリンク

こんにちは!おはしです!

 

お金についての悩みは、人それぞれですが中々尽きませんよね・・

特に20代の悩みとして・・・

 

欲しい物や行きたい所があり過ぎてお金が足りない!

 

グルメやコスメ品欲しすぎてお金が足りない!

 

 

「体力的にもまだまだ余裕がある」からこそ、やりたいことと収入が釣り合っていないのが現状です。。

 

僕も趣味が海外旅行(コロナで今は行けませんが・・)やワイン・スポーツ観戦とたくさんやりたいことはあるのですが、収入と釣り合っておらず平等にできるよう苦戦しております笑

 

そして、今まで支出口座と貯金口座を分けてお金の管理をしていましたがある時ふと思いました!

 

「銀行に貯金しているだけではお金の価値なくね・・」

 

 

散々ブログで「貯金だけでは価値を出せない」と言っていましたが、まさに貯金口座に預けているだけでは、何も活かせておりませんでした!←おいっ!

 

そこで、絶対に手を出さない貯金額を定め、残りの余剰資金でつみたてNISAで投資信託をすることにしました!

 

その結果、現在のところ貯金口座に預けていた時よりも「プラスに収益を得られやすく」なることができました!

しかも、投資信託なので実際にお金が働いて収益を獲得しているので、価値を出すことができます!

 

そこで今回は、貯金よりも投資に関心を持った方がおすすめな理由を書いていきます!

 

スポンサーリンク

貯金よりも投資がおすすめな理由

世の中の情勢に関心を持てる

株式投資であれば、日経平均価格が連日ニュースで報道されていますね!

 

株式は、会社の業績や世の中の情勢等総合評価されて価格が日々変動されます!

投資家であれば、会社の決算書(IR情報)やニュースを見てどこに投資をしたら儲かるかを考えて、キャピタルゲインを得ています。

 

今まで新聞やニュースなどに関心を持たない方でも、投資を行うことで「自ら情報収集し投資した結果」が数値として表れるため、自ずと関心を持つことができます!

 

お金の価値を活かすことができる

散々ブログでも書いてますが、貯金だけではお金の価値を活かしていません。

 

もちろんお金を使わなければ、どんどん増やすことができますがそれは価値が変わらない場合の話です!

 

もし、日銀が大胆な金融緩和を行い紙幣を発行した場合、自ずと価値は下がるため貯金をしていても意味がありません。

 

また、巷で噂されている現お札に代わる新札が発行された場合、旧札の価値は「ゼロ」になるため貯金をしても意味がないですね。

 

これが投資であれば、お金を市場に回しながらキャピタルゲインを得ることもできますので、お金の価値を活かすことができます!

 

貯金よりも収益が望める

日銀のマイナス金利政策により、銀行に預金をしていてもほぼ増えなくなりました。

 

昔は、預金をしているだけでお金も増えましたが現在ではお金の価値を無くしているだけです。

現在の親世代が預金世代といわれる時代に育ったため、現在の預金利率の低さを知っていながらも、投資よりも預金重視の考えが多数です。

 

それは、日本全体に言えることですが投資は「手を出すものではない、借金をする」という負のイメージが先行しているためです。

 

これを今の子供に対しても言い続けていたら、中々変わることはできないですよね。。

 

投資は元本保証がないため、元本割れするリスクも当然ありますが預金で増えないまま価値を無にするよりもキャピタルゲインが得られる投資の方が、効率的ですよね!

 

つみたてNISAを選択した理由

では投資の中でもつみたてNISAを選択した理由は

 

・100円からつみたて投資が可能
・金融庁が厳選した銘柄(主にインデックス投資)のため、初心者でもやりやすい
・20年間非課税で利益を得ることができる

 

の3つが理由です!

それでは、ひとつずつ書いていきます!

 

100円からつみたてが可能

投資の中でも代表的存在なのが日本企業の株ですね!

 

通常、証券会社から日本株の取引きして購入しますが、最低購入株数が100株~(単元株)となっております。

 

東証1部に上場している株は、30円~6万円台*までと幅広く分布されていますが、6万円の企業株を購入する場合、最低600万(6万×100株)が必要になります。

 

これでは、手元資金が必要なため興味があっても購入は難しいですよね。。

 

これがつみたてNISAであれば、証券会社によっては100円から毎月積み立てることができるので貯金感覚で投資をすることができます!

また、投資信託であるため積み立てさえすればほったらかしでの投資が可能となるため、知識がなくても行えます!

 

さらに、ドルコスト平均法の購入方法であるため「基準価格が低いときに多く購入し、高いときには少ししか買わない」形なので、リスクを最小限に投資をすることができます!

 

まさに初心者にピッタリです!

 

金融庁厳選の銘柄での投資

仮に手元資金があって投資に興味を持っても、知識が無ければどの銘柄を購入すれば良いか分からず不安になりますよね。。

 

つみたてNISAであれば、金融庁が長期投資にピッタリのお墨付き銘柄のみ購入することができるため、

「信用できない銘柄は不安で買えない。。」

といった事態は避けられるため、安心して購入することができます!

 

20年間非課税で収益を得ることができる

つみたてNISAの最大のメリットは「20年間非課税で投資収益を得ることができる」点ではないでしょうか!

 

通常、株式投資による利益は20.315%の税金がかかります。。

この税率だと例えば、10万円の投資で5万円の利益が出たとすると1万円が税金として引かれるため、4万円が手元に残ります。

 

せっかく利益を出したにも関わらず、全額貰えずに税金で引かれるのは損した感じになりますよね。。

これがつみたてNISAであれば、「20年間20%分の税金が非課税になる」のでお得ですよね!

 

つみたてNISAの注意点

元本保証ではない

つみたてNISAに限らず投資全般に言えることですが、元本保証はなく購入価格よりも基準価格が下がれば、価値が下がるため元本マイナスとなります。

 

貯金であれば預金口座にお金を預けるだけなので、元本はそのまま保証されます。

ただ、このご時世マイナス金利の影響で利息が軒並み0.001%であるため、仮に100万円を預けても2.73円しかつきません。。

 

これでは、お金の価値を十分に活かせていませんよね。。

 

つみたてNISAは元本保証ではないですが、リスクを最小限に預金口座の利息よりも高く利益を得られやすくなるため、預金よりも十分に価値を活かすことができます!

 

一般NISAとの併用は不可

NISAは先ほどから書いているつみたてNISAともう一つ、一般のNISAがあります!

 

NISAはつみたてNISAと一般NISAのどちらか一択しか利用できないため、それぞれの特性を知った上で利用する必要があります!

 


NISA つみたてNISA
利用者の年齢 20歳以上 20歳以上
非課税期間 5年 20年
年間非課税枠(額) 120万円まで 40万円まで
最大非課税枠(総額) 600万円 800万円
対象商品 投資信託、上場株式 一定の条件を満たした投資信託、ETF
投資方法 制限なし 定期的・継続的な購入
出金(売却) 制限なし 制限なし

 

一番の違いは、

・非課税期間の違い
・年間非課税枠の違い

でしょうか!

 

短期で投資利益を確保したい方には「一般NISA」、長期投資でリスクを下げて利益を確保したい方には「つみたてNISA」がおすすめです!

 

長期投資が前提であるため短期投資では利益が出にくい

つみたてNISAでは、長期投資が前提であるため短期での利益確保は望みが薄いです。

 

つみたてNISAは投資信託で月に上限33,333円であるため、性質的に長期投資が前提となっています。

その代わり、低リスクで投資を始めることができるため参入障壁としては低く始めやすいです!

 

短期投資で利益確保を行うのであれば、一般NISAがおすすめです。

 

おはしのつみたて状況

2020年7月から開始でプラス収益確保

僕もつみたてNISAを今年の7月から始めました!

9月つみたて現在の状況は、

7月に33,333円

8月に30,000円

9月に30,000円

と元本の合計93,333円ですが、2つの銘柄投資状況は下図のとおりです!

銘柄は、日本を除く先進国投資と新興国への投資です!

9月の中頃に米国株が下げ幅を記録し続き、一時的に元本割れしましたが再びプラスへ持ち直しました!

 

評価損益合計を見てのとおり、預金口座だけではつみたて金額でこの利益は確保できないため、お金を活用する意味でも行う意味はあります!

 

元本割れしたときは少し焦りましたが、長期投資が前提の投資であるため長い目で見ればマイナスになっても一時的であると思い、メンタルを保ち続けました(笑)

 

今後も続けられる限り、行いたいと考えています!

 

まとめ:投資デビューするならつみたてNISAがおすすめ

改めてつみたてNISAは、

・1円からつみたて投資が可能
・金融庁が厳選した銘柄(主にインデックス投資)のため、初心者でもやりやすい
・20年間非課税で利益を得ることができる

であるため、初心者が投資を始めやすい仕組みとなっています!

 

つみたて投資の投資可能期限は、2037年までであるため20年間の非課税枠を大いに活かすのであれば、早めに行ったほうがトクを得やすです!

 

またいつでも引き出しが可能なため、出費の状況に応じて臨機応変に対応することができます!

一度、投資の経験を味わってみてはいかがでしょうか?

 

ついでに、投資に関連して副業でも本業とは別に収益の確保が望めるため、こちらも参考にどうぞ!

もちろん、投資信託で元本保証はないため余剰資金の範囲内で行い生活費には手を出さないことが必須となります!

 

余剰資金全てを貯金するのではなく、一部をつみたてNISAへ回すことでお金の価値を最大限に活かすことができます!

 

 

See you next time!!

ライフハック
スポンサーリンク
おはし

現在、好きなことを仕事に!をテーマにサラリーマンと並行して挑戦中。
趣味は、旅行・スポーツ観戦・スノボー・音楽・ドライブ・温泉等々…
ブログでは、「ありのままの人生を過ごす」をテーマにみなさんが幸せな生活を送れるよう、情報共有していきます!
*第一種衛生管理者取得済み

おはしをフォローする
他の人にもシェアする
おはしをフォローする
スポンサーリンク
ohashiblog