お金持ちになる上で必要なことはESBIを理解すること!

ビジネス
スポンサーリンク

こんにちは! おはしです!

 

週末ということで早速ブログ更新して参ります!

 

今回は、ESBI(キャッシュフロークワドラント)について、つぶやいていきたいと思います!

 

お金持ちになりたいと思う方は、ぜひESBIを理解してください!

 

この仕組みを理解することで、なぜ富豪が誕生するのか知ることができます!

 

中には聞いたこともある方もいれば、初めて聞く方もいると思うので、説明と共にメリット・デメリットも交えて書いていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

キャッシュフロークワドラント(ESBI)とは?

キャッシュフロークワドラント(ESBI)とは、お金を稼ぐ立場「労働者・自営業者 / ビジネスオーナー・投資家」の4つに分割され、ビジネスが成り立っています!……

 

といっても、文字だけ表しても分かりづらいので、下の図にて説明していきます!

 

 

 

分類された4つのそれぞれの頭文字をとって「ESBI」と表現されます!

 

従業員(employee)と自営業者(Self employee)は、「労働収入」でくくられ同じグループに属します!

一方、ビジネスオーナー(business owner)と投資家(investor)は「権利収入」でくくられ同じグループに属します!

 

収入の得方として、労働収入の中の「E」は、労働による対価として会社から給料をもらいます。

「S」は、自身の仕事によって直接収入を得ます。

 

権利収入は自身の労働による収入ではなく、お金に働いてもらい、お金を得るという収入の得方です。よって「不労所得」とも呼ばれます!

 

ではここからは、「ES」側と「BI」側に分けてそれぞれメリット・デメリットをつぶやきます!

 

ES側のメリット・デメリット

ES側のメリット

メリットでは、「E」と「S」でそれぞれ説明します!

「E」では労働したらその分だけ、収入を得ることができるため、安定した収入を得ることができます。

また、いくら会社の業績が悪くなっても会社は労働者に対し、給料を支払われなければならないため、法律上でも守られる立場です。

 

「S」では、自身で仕事を行いその売り上げ分だけ収入を得ることができます。

よって、売り上げたらその分だけ収入を得られることから、開業医や弁護士もここに属されます!

ES側のデメリット

これはどちらでもいえることですが、どちらも「時間」「労力」を提供します。。

 

現在の法律では一日8時間、週に40時間の労働が上限とされています!

大抵が週5日の2日休みですので、一年では約240日労働することになります!

 

この場合、趣味に費やす時間も限られるため、本当に自由に使えるときは定年(現在は60歳ですが、今後70歳まで引きあがるかもしれません…)後になることから、無茶することも難しくなります。。

 

また、「E」では給与の面でも予め支払われる給与体系が決まっているため、いくら昇給で給与が上がっても「S」「B」「I」形態よりも多く得るのは困難であることから、貰える限度があります。。

 

BI側のメリット・デメリット

BI側のメリット

「BI」側のメリットは、「時間」が自由に使えることです!!

そして、「労力」も「ES」より消費せずに済むことです!

 

「B」では、図だとビジネスオーナーと例えましたが、他にも特許や本を執筆していれば、使用又は売れることで収入が得られるので、一度売り出せば自動的に収入が得られることになります!

 

「I」では、株式投資や不動産投資などお金を投資することで、投資した額よりも価値が上がれば、その分収入が得られるため、自身が働くよりもお金に働いてもらうという関係になります。

 

これらは、先に述べた「不労所得」とも別に呼べるため、「ES」よりも自由に時間を使うことができることから、大金を得つつ趣味にも謳歌できるグループです!

BI側のデメリット

メリットだけを見てしまったら、デメリットはあるのか?と疑問に思いますが、実際は「ES」よりもあるかもしれません。。

 

まず前提として、このグループは「他力」によって収入を得ることからここまでするのに「労力」と「時間」が相当かかります。。

これでは、「ES」側より大変じゃん!と思うかもしれませんが、最初の基盤さえ上手く組み立てられれば、あとは優秀な方にお任せして、他の方に事業を行わせれば良くなります!

 

また、ものによって初期費用と運営費がかかることから、「他力」までいくのに「コスト」も要するので、「B」のポジションは全体の1%しか属していないと言われるほど、厳しい世界です。。

まとめ

私の結論として、「どのポジションにも属せる人」が一番有利な生き方だと考えます!

 

そして巷では、副業を「複業」と呼び変える考えがあります!

この考えは、一つのビジネスで収入を得るのではなく、複数の事業から収入を得ることを指します!

 

これを行うことで、一つの事業から収入を得るのが困難になっても、他の事業での収入でカバーできることから「リスク分散」をすることができます!!

 

私もこの考えに賛同し、まずはサラリーマンでの収入から自身の仕事での収益(S側)になれるよう、挑戦していきます!

 

そして、最終的に複数の事業から得た収入の余剰資金から投資に回せることことができれば、収入を増やせる流れになります!

 

また図を用いますと

 

 

 

まず、「E」から「S」(の流れ)へと形態を経て、「S」で基盤を経ることができたら、「B」(の流れ)へと形態を経ます!

 

次に「B」で余剰資金を稼ぐことができればそのお金で最終的に「I」(の流れ)へと形態を経ます!

 

そして最終的には、下図のように「S()⇒B()⇒I()⇒S・・・」で循環することができれば、自身でビジネスサイクルを作り出すことができたと言っても良いでしょう!!

 

 

 

この循環が行えることで、「E」のポジションよりもお金持ちになりやすい仕組みが出来上がります!!

 

よって、私みたくサラリーマンをメインで仕事されてる方は、ぜひ何か自身でやりたい仕事を考えてみてはいかがでしょうか?

 

チャレンジせずに諦めるのは簡単にできますので、まずは挑戦することが大事だとブログを始めてから実感しました!!

 

See you next time!!

ビジネス
スポンサーリンク
おはし

現在、好きなことを仕事に!をテーマにサラリーマンと並行して挑戦中。
趣味は、旅行・スポーツ観戦・スノボー・音楽・ドライブ・温泉等々…
ブログでは、「ありのままの人生を過ごす」をテーマにみなさんが幸せな生活を送れるよう、情報共有していきます!
*第一種衛生管理者取得済み

おはしをフォローする
他の人にもシェアする
おはしをフォローする
ohashiblog