[追記]サラリーマンはデメリットだらけ?4年目サラリーマンが感じた胸中

ビジネス
スポンサーリンク

こんにちは!おはしです!

 

今回は、まだ日は浅いですが社会人1年目の私が感じたサラリーマンで仕事する心境をつぶやいていきたいと思います!

 

また、題目で「デメリット」と明記しましたが、その反面の「メリット」も考えてみましたので、両要素を比較して読んでいただけたら幸いです!

 

私が現在サラリーマンをしていて感じたことを、今後就職を控えている学生さんから現在会社でお仕事されている方向けに書きましたので、ぜひご覧ください!

 

スポンサーリンク

サラリーマンはデメリットだらけ?現役サラリーマンが感じた胸中

デメリット

会社のピラミッド構造に従う

これは社会人だからこそ、体験できる特権ですね!笑

 

会社では、下図のようにトップの社長〜平社員まで約7つのポジションがあり、社長から順に業務の指揮命令がなされます!

 

*一般的に呼ばれる会社の階級を基に作成!

 

部活に例えても、顧問というマネジメントする立場がいて、次に委員長や部長が置かれそこから部員へ向けて、カリキュラムなどの指示がされますよね!

 

ここで言えることは、「経営幹部の指示がなければ仕事ができない」ということです!

 

よって、自身の裁量で全ての仕事を行うことができません。。

 

当然、この指示を無視に仕事したら、叱責されるどころか最悪解雇になります笑

 

歯車になりやすい

これは仕事をし始めてから実感しました!

 

まずこの歯車についてですが、自身が受けている仕事は、会社全体で見たら1パーツに過ぎないということです!

 

つまり、自分自身でなくても他の方がいれば代わりにさせることができるため、「only oneではありません。。」

 

そのため、みんなができる仕事であることから自身の存在価値を上げるには、「スキルを取得しているか」が大きく左右されやすいです!

 

自由な時間を持てない

これは、入社してから真っ先に感じたことです!

 

学生時代までは、講義を除いてはほとんど自由な時間が与えられていたことから、好きなことができていた期間でした!

 

しかし、社会人になると平日の5日間は朝から夕方過ぎまで拘束されることから、休日である土日の2日間しか自由な時間が与えられません。。

 

これでは、海外旅行に行くにしても期間がとても足りず、また行くにしても有給を使用しなければなりません。。

 

一度きりの人生で、やりたいことができないまま終えるのは悲しいですね。。

 

今後の時代変化についていけなくなる

これはサラリーマンだけやっていたら本当に危険なことだと思います!

 

今後の日本は、高齢化がますます進み人口も減少することから同時に、労働力人口も減ります!

 

そのため、この対抗策としてAI技術の導入が進み、レジの自動化や銀行にまで、無人化が広まってきています!

 

これでは、突然リストラ宣告された時にサラリーマンだけやっていたら、すぐに対処することができません!!

 

[追記]終身雇用が崩壊していき、雇用の安定がなくなる

2019年5月の中旬に、トヨタ自動車の豊田章男社長が「終身雇用を守っていくは厳しい」という会見をされました!↓

 

 

あの日本を代表する大企業のトヨタの社長が発言されたので、この影響力は非常に大きなものとなりました!

 

また、この発言以前に経団連の中西会長も同様の発言をされ、今後サラリーマンの雇用制度は「終身雇用」→「転職必須」になっていくと予想されます!

 

現に、転職市場も以前より活発になってきているため、一つの会社で障害を終えることは中々厳しくなっています!

 

よって、サラリーマンは会社に雇われている立場であるため、「リストラ勧告」された際は覚悟が必要になります・・

 

次はこの反面、メリットについて3点つぶやきます↓

 

メリット

経営幹部の意見を聞ける

これは非常に大きいのではないでしょうか!

 

私は、よく経営幹部が毎月更新している会社全体の売上に関するコメント資料を拝読します!

 

そこでは、現状の利益に対してどのような考えを持ち、そして今後どうするべきかなどを重点に読んでいます!

 

その思考を元に、今の会社での課題を把握し、今後の方針に向けて自ら行動できることを考えます!

 

また仕事柄、経営幹部と直接お話できる機会が多くあるため、会社に対する考えの意見交換もします!

 

せっかく会社で仕事しているのですから、自社の経営や利益に関心が無いのは勿体ないと思います!

 

安定した給料と福利厚生サービスを提供してくれる

サラリーマンをしていて、唯一メリットを感じるのは「安定した給料」が貰えるのと「福利厚生」があることじゃないですかね!笑

 

給料に関して言えば、ノルマが達成しようが達成できないだろうが、毎月必ず給料はもらえますよね!

 

さらに、病気で休んで仕事しなくても有給という制度で給料が貰えるのは、本当に安定した給料が貰えますよね!

 

そして、福利厚生では直接給料としての支払いはないものの、生活していく上で必要な医療機関や休暇のサポートをしていただけますよね!

 

こういった形で、従業員の生活の工面まで面倒を見ていただけるのは、ありがたいことかもしれません!

 

信用力がある

生活していく上で、やはりお金は必要ですよね!

 

もし、家を買いたいや車が欲しいと思った時、所持金で買えない場合金融機関からお金を借りますよね!

 

その際、一番金利が低くかつ審査が厳しいと言われる銀行からのローンは、容易に結ぶことができます!

 

なぜなら、役職関係なくサラリーマン勤というだけで安定した給料が貰えるということで、信用力があるとみなされます!

 

みなさんもお金を貸す側で考えたら、信用できる人にしかお金を貸したくないですよね!

 

このように、収入が安定して得られる保証があるということで、サラリーマンは金融機関から重宝されます!

 

まとめ

以上の心境から、サラリーマンはデメリットが上回る形になりました!

 

デメリットがある反面、メリットもありますが、現在の経済状況で今後も続くかどうか不安要素だらけです。。

 

ただ、事業を行う前の準備と社会を知る勉強の一環としてサラリーマンになるのは良いと思います!

 

また、終身雇用崩壊に伴い今後「絶対安定」という職業はなくなるでしょう!

 

安定の職業として人気がある公務員も、事務処理のAI技術が進歩すれば、雇用も難しくなります。。

 

よって、私たちに向けられた課題としては、人に雇われて仕事をするのではなく、「自ら事業を行う」ことが必須となってくるのではないでしょうか?

 

ただいきなり事業を始めるのはリスクだらけなので、まずはサラリーマン時代に副業から始めその後に複業へと転換できるのが理想とされます!

 

これにより、リスク分散が可能となるので、例え一つの事業が傾いても他の事業でカバーすることができます!

 

そのためには、まずは自己分析を行い自分は何の仕事をしたいのか、再度目を向けることが大切になってきます!

 

See you next time!!

 

ビジネス
スポンサーリンク
おはし

現在、好きなことを仕事に!をテーマにサラリーマンと並行して挑戦中。
趣味は、旅行・スポーツ観戦・スノボー・音楽・ドライブ・温泉等々…
ブログでは、「ありのままの人生を過ごす」をテーマにみなさんが幸せな生活を送れるよう、情報共有していきます!
*第一種衛生管理者取得済み

おはしをフォローする
他の人にもシェアする
おはしをフォローする
ohashiblog